適応障害ってどんな症状?ストレス度をチェックしよう

カウンセリング

治療する

女性

実際に適応障害になってしまったらどうしたらよいのでしょうか。適応障害はストレスが原因なので、そのストレスから離してあげ、本来の自分を取り戻し、ストレスの原因となる環境にどのように対応していくかを考えてあげる治療をします。ストレスを感じる環境になぜうまく対応できないのか、という理由を考えても良い答えを得ることは難しいです。心身が疲労している状態で、うまく対応できない理由を考えるのは無理があります。そのためまず、一度ストレスから離れて精神状態を元気な状態に戻すことから始めていきます。まずストレスから離れる準備をしましょう。何がストレスの原因となっているのかチェックをすることが大切です。職場や学校であれば休みや休職申請を出します。休むことで比較的早く症状は改善していき、数日から数週間で症状は改善していきます。ストレスから離れて心身が元気になってきたら次のステップにいきましょう。自分がストレスを感じる環境に対応できない、といった理由は何かを考えチェックを繰り返し、今後どう向き合っていくかをゆっくり考えます。解決法は実は二つしかなく、自分がその環境に合わせる、環境を自分に合わせるといったものしかありません。適応障害は自分と環境の価値観の違いが大きいことから発症します。そのためこのズレを小さくするような治療が必要になります。真剣に治療に取り組まないでいると、適応障害の治療期間は長引くことがあります。原因を根本的に治さないと半年以上症状が続くことがあります。その場しのぎの治療ではなく、休みをとってしっかりと治療に専念するようにしましょう。適応障害が長く続くとうつ病になる可能性があります。そうすると、半年の治療期間では済まない事が多いのでしっかりと治しましょう。また、適応障害には薬を使った治療法もあるのでチェックをしていきましょう。適応障害というのは、不安感や無気力といった感情的な症状が多く、それを緩和させるのが抗うつ薬の役割です。適応障害は、風邪薬のように寝て治るものではないので、薬の使用はあくまでも症状を緩和する補助的なものだと考えるのがよいでしょう。リフレッシュしたいときに薬の力を借りて、体を動かしたり外に行くということができるようになります。薬で補助をしながら、リフレッシュするという本質的な治療を行うのが最も最適ではないでしょうか。リフレッシュするとストレスから離れることができ、楽しい、気持ちいい、嬉しいといった感情が出てきます。実はそういった感情が非常に大事になるので積極的に楽しいと感じる環境をチェックし、作り出していくことも大切です。