適応障害ってどんな症状?ストレス度をチェックしよう

自分で判断するのは難しい簡単にわかる適応障害チェック

うつ病との違い

うつ病と適応障害は症状がよく似ているので医者でも診断に悩むこともあります。症状が似ているなら何が違うのでしょうか。ここではうつ病と適応障害の違いをチェックしていきましょう。

適応障害は甘えなのか

適応障害は甘えなのか考えてしまう人も多く居ることでしょうが、これはれっきとした病気です。どういった点が病気であると言えるのか、ここではチェックをしながらご紹介します。

患者数

適応障害になっている人はどのぐらいいるのかチェックをしてみましょう。症状がすすみ悪化するとうつ病になるので、うつ病大国といえる日本ではかなりの数の適応障害患者が存在すると言えます。

治療する

適応障害を治すにはストレスの原因となる理由をチェックし、知る必要があります。精神が疲れた状態で原因を解明するには無理があるのでまずは元気だった頃の自分を取り戻すことが非常に重要になります。

症状とストレス

ドクター

普段の生活を送る中で、何かしらのストレスを抱えている方も多くいることでしょう。自分がどんな場面でストレスを溜め込んいるのかチェックを日頃から行う必要があります。学校や職場、人間関係や家庭環境、様々な環境が原因で。適応障害は、ある出来事や物事が他の人よりとってもつらく感じたり、気分が激しく落ち込み、行動面に症状が出てしまうものです。ストレスは個人レベルから災害など地域社会を巻き込むような大きい物事まで様々です。孤独感や不安感、憂うつな気分を人よりも強く感じてしまうので、過剰に心配してしまいます。それらの感情が行動面に表れると、仕事や学校を休みがちになります。それが悪化してしまうと無断欠席をしたり、運転も荒々しくなり無謀な運転をしてしまう、イライラしやすくなって喧嘩に発展する、物を投げ飛ばしたり破壊してしまうこともあります。また、周囲を巻き込んでしまうこともあり、ギャンブルに手を出し金遣いが荒くなる、お酒を大量に飲んでしまい暴力をふるってしまう、離婚をしてしまうなどの良くない行動を起こしてしまうことがあります。適応障害は誰でも感じるストレスを、予想外に大きく、他の人よりも強く精神的ダメージを受けて解消できなくなってしまった状態です。予想外に精神的ダメージを受けてしまうのは、周囲のサポート不足や本人の精神的な弱さが関係していると考えられています。行動面に表れる症状以外にも、身体的症状を中心とする症状も表れはじめます。どういった症状が出ているのかチェックをしてみましょう。頭痛や倦怠感、腰が痛い、胃が痛い、腹痛、下痢、などの症状が出てしまい、悪化すると吐き気やめまい、立っていられなくなることもあります。適応障害になる人は真面目で優しく責任感が強い人がなりやすいです。そのためあまり気を抜くことができずストレスを溜め込んでしまいます。逆にストレスをうまく発散できる人は適応障害にはなりにくいでしょう。ストレスを消化できなくなると体に不調が出てしまうのが適応障害です。自分がどれぐらいストレス度が強いのかチェックをすることも大切です。かなり症状が悪化すると、不眠や自殺願望を抱くようになります。このように目立たない症状から、早急な治療を要する重篤な症状まであるので、早めに専門の病院のチェックをして相談をするようにしましょう。